フリーエンジニアが仕事がないときにとるべき対処法

新規開拓の難しさ

一昔前のモノづくりの現場のように、良いものを作りさえすれば仕事の依頼は後からついて来るという時代ではもはやありません。フリーエンジニアになっても、実力をアピールする場さえ与えられればすぐにも認められると思っていても、期待外れな結果に終わることもあるのです。これはクライアントの立場が想像できていないことによる認識の違いが引き起こす悲劇です。つまりクライアントにとっては仕事を安心して任せられることが重要なのであり、既に信頼して仕事を依頼する先を確保している場合には、そこから敢えて海のモノとも山のモノともつかない見ず知らずのフリーランスに仕事を依頼することにメリットがないのです。そこでフリーエンジニアとして新規クライアントの開拓に乗り出すのであれば、的を絞ることが必要になります。求めるのは仕事があるけれども今現在依頼している相手に不満がある、または適当な人材を知らない、あるいは仕事が多すぎて依頼先を確保するのに不自由しているクライアントなのです。

紹介は強力な後ろ盾

そこで友人知人を通じて適当な人材を探しているクライアントの情報があれば、紹介してもらうという手があります。これは昔ながらのやり方ですが、一定の効果が認められます。グローバルなネットワーク時代とはいえ、やはり大切な仕事は顔の見える相手に任せたいと考えるクライアントは大勢います。人を介してつながることで、良好な関係が広がります。良いクライアントは更に同じように良いクライアントを連れて来ます。

求人情報の利用価値

人材不足なクライアントを探そうと思えば、エンジニアを募集している企業に狙いをつければよいのです。もちろん企業側は正社員や契約社員など、あくまで社員として業務に携わることを期待しているかもしれませんので、その業務をそっくりそのままフリーエンジニアに外注化するということが実現するかどうかは分かりません。しかし、昨今のネットワーク環境の整備によって、今や各企業がこぞってネット上に新たなビジネスチャンスを獲得しようと乗り出しており、エンジニア不足はしばらく解消しそうにありません。そこで企業としてもこのまま手をこまねいて時機を失するよりは、フリーエンジニアに託してみようと考える可能性は大いにあるのです。

専門エージェントの活用「レバテックフリーランス」

上記の企業の戦略の下に、フリーエンジニアの仕事の受注増を専門のエージェントがサポートしてくれるというサービスがあります。レバテックフリーランスは、フリーランスのエンジニアやデザイナーに特化した案件情報を提供しています。案件数は業界No1で手厚いサポートも受けられるため最もオススメするエージェントです。
【レバテックフリーランス】はフリーエンジニアに関する求人サイト
レバテックフリーランスでは、有名大手からベンチャー企業まで月間新規案件数が豊富にあり、高単価な報酬が期待できます。
【レバテックフリーランス】はフリーエンジニアに関する求人サイト

COBOLに特化した「COBOL求人案件ナビ」

COBOLの経験を活かしたいフリーエンジニアには、COBOL求人検索ナビがオススメです。希望の業種であったりポジションや報酬など、さまざまな観点から仕事の情報を検索することができます。コンサルや英語や年齢不問といった仕事や案件も豊富にそろえています。月末締めの20日払いとなっており、早期支払い手数料などは一切かかりません。
【COBOL求人検索ナビ】はフリーエンジニアに関する求人サイト
COBOL案件専門の求人サイトですから、上流工程や業務系案件が得意なベテランエンジニアが多数参画中しています。
【COBOL求人検索ナビ】はフリーエンジニアに関する求人サイト

おすすめ記事ピックアップ