フリーエンジニアの仕事が無くなるパターン

仕事がなくなるトラブルパターン

仕事がなくなるトラブルパターン 仕事がなくなるトラブルパターン

フリーエンジニアの生活は不安定

会社勤めを辞めてフリーエンジニアになろうという覚悟を決める時、誰しもその先仕事を受注することができるのかと不安になるものです。会社勤めをしているのであれば、会社の営業部署から回って来る仕事に対処すれば良いのですが、フリーランスになると営業そのものが仕事になります。フリーランスになるためには、特に人脈を作ることが大切といわれますが、会社の名刺があってこそ付き合いのあったような相手の場合には、フリーランスになった途端に縁が切れてしまいます。余程の実力があって業界にその名が轟いているような場合であればいざ知らず、普通の実力をもつ普通のエンジニアがフリーランスになっても、ちょっとやそっとでは仕事を獲得することが難しいのが実情です。

知り合いからの受注は要注意

そして運良く仕事の依頼が舞い込むようになったとしても、仮にそれが昔からの知り合いで、こちらに仕事がないことを重々承知でいるような場合には、将来的にも恩を着せられる可能性があります。最初に遠慮して報酬を安く設定していると、その後に値上げをすることは至難の業ですし、自分の仕事はいついかなる時も最優先に行うべし、といった押し付けがましい態度を取られる可能性があります。もちろん、常に最優先に行うことはできませんから、別の仕事を優先しようとしてしまい、仕事が無くなってしまう可能性があります。

クライアントに振り回される

新規のクライアントであっても、契約書を交わすなどもっての外という雰囲気は日本の商慣習上よくあることであるため、口頭での簡単な打ち合わせとクライアントの大風呂敷に乗せられてしまい、結局報酬は雀の涙ほどということもあり得ます。更にクライアントの担当者によっては人使いが荒く、フリーランスなのだから常にクライアントの都合に合わせて当然とばかりに、一方的な態度を我慢しなければならない場合もあるのです。クライアントによっては、社員であれば雇用契約と労働法規に守られているために無礙にはクビにできないませんが、フリーエンジニアは使い捨てと心得ており、些細なことでキレてクビにされるというリスクもあるのです。

仲間との連帯責任

そして、フリーエンジニアがプロジェクトに参加するような場合に、同じくフリーランスとチームを組んで仕事を完成させることがあります。予算も納期もギリギリの過酷な状況である場合、いつしか精神的に追い詰められて脱落者が出ることもあるのですが、その責任が連帯責任で重くのしかかってくる可能性があります。結果として、脱落者が出てプロジェクトが失敗してしまい、次の仕事を貰えないことがあります。

おすすめ記事ピックアップ