仕事がない!フリーエンジニアの案件獲得解決方法とは?

フリーエンジニアの「仕事がない」の解決法

フリーエンジニアの「仕事がない」の解決法

仕事量が収入に直結するフリーエンジニアにとって、「仕事がない」または「仕事がなくなる」というのは、恐怖以外の何物でもありませんよね。フリーエンジニアは常にその不安と背中合わせです。仕事がないということ自体がトラブルのようなものですが、仕事がなくなるということに対する恐怖心と焦りが、さらに思わぬトラブルにつながることがあるので注意が必要です。のどから手が出るほど仕事がほしい時ほど、ぐっとこらえて強気の姿勢でいた方が結果的に吉と出る場合も多いものです。「仕事がない」に関連するトラブルのパターンと解決方法を詳しく紹介します。

フリーエンジニアの「仕事がない」の解決法の記事一覧

仕事がなくなるトラブルパターン

仕事がなくなるトラブルパターン

フリーエンジニアにとっては、覚悟の上とはいえ、生活が不安定なのは不安なものです。人脈を辿っても、会社の肩書があってこその人間関係だった場合には、独立した途端に縁が切れてしまいます。知り合いからの依頼であればビジネスライクに割り切れず、こちらの遠慮と相手の恩着せがましい態度が終生続くことにもなりかねません。クライアントによっては使い捨てにされたり、わがままに振り回されることもあります。また同じフリーランスと一緒に仕事をする場合には、とばっちりを受けて他人の分まで責任を背負わされる恐れもあるのです。

仕事が取れない時の対処法

仕事が取れない時の対処法

フリーエンジニアが自分の実力に自信があるとしても、売り込む相手を間違えていては時間の無駄になります。クライアントにとって信頼できる依頼先が既にあれば、わざわざ得体のしれないフリーランスを相手にするメリットなどありません。そこでツテを辿って、エンジニアを探しているクライアントに紹介してもらったり、エンジニアを募集している企業に外注化の可能性を検討してもらうという戦略が有効です。このような戦略の下、フリーエンジニアの案件増をサポートする専門のエージェントを利用すると良いでしょう。

仕事がなくても「仕事ください」とは言わない

仕事がなくても「仕事ください」とは言わない

フリーエンジニアになって収入が不安定になる不安から、つい「仕事をください」などとアピールするのは考え物です。クライアントはそのようなフリーランスを、仕事がないのは実力がないせいだ、などと勝手に推測して敬遠してしまいます。あるいは、どうしても依頼するならば安く買い叩こうとするでしょう。良好なクライアントとの付き合いを望むならば、はっきりした基準に従って仕事を選ぶことが大切であり、決して自分を安売りしないことです。

おすすめ記事ピックアップ