フリーエンジニアに多い未払いのトラブルパターン

未払いになるトラブルパターン

未払いになるトラブルパターン 未払いになるトラブルパターン

やっかいなクライアント

フリーエンジニアとして組織に属することなく独立して仕事をするということは、報酬の交渉はもちろんのこと、納品と引き換えに報酬がクライアントからきっちりと支払われて初めて、その契約が終了するということです。ところがフリーエンジニアの業務委託契約というものが請負や委任を中核とするものであるため、仕事を完成して納品と引き換えに報酬の支払を要求しても即座に支払われることは少なく、そこからクライアントの経理上の締日も考慮に入れて翌々月ぐらいに入金されるという場合が通常です。そして労力と時間と費用を費やした挙句に、クライアントの報酬未払いに泣かされるフリーランスも珍しくはないのです。

報酬の請求は明確に

報酬の未払いに苛立ってクライアントに催促の連絡を入れてはみても、長々と言い訳を聞かされて時間稼ぎをされるのがオチであり、最終的に支払ってもらえればよいのですが連絡が取れなくなって踏み倒される恐れもあります。特に独立当初など新規のクライアントが報酬を支払ってくれるのかどうかは、大いに気を揉まされるところです。また、継続的な契約関係があっても不況や資金繰りの悪化など何らかの原因から突然クライアントからの支払が止まってしまう場合もあるのです。そこでフリーランスが報酬未払いを防ぐために採り得る手段は限られていますが、それでも予防策を講じておくに越したことはありません。仕事を受注したら、まずは契約書か少なくとも受注書を書面で作成して、仕事の依頼を正式に受けたことを通知し、見積書を提出します。そして仕事の完成によって納品する際には、請求書を発行します。
フリーエンジニアの場合、仕事を開始してから仕様が変更になったり修正や延期を繰り返されるなど、当初の内容とは大幅に異なる仕事の完成を求められることがあります。そのようなクライアント側の都合によって、費用や報酬が割り増しになれば、その分は別途請求する必要があり、仕事の完成に一生懸命になるあまりその都度口頭で了承していると、いつの間にか当初の見積もりよりも高額に上ってしまうこともあって、最終的な報酬請求時にトラブルを招くことがあるので要注意です。

法的手段

仮に報酬が支払われないまま放置されている場合には、法的手段を講ずることもやむをえないかもしれません。訴訟を提起する前に、内容証明郵便を送るのが普通です。請求したことが明確になり、またこの段階で支払われれば費用も安く済みます。様式に従って自分で作成することが出来ますが、受け取り拒否によって返ってきてしまう場合もあります。裁判手続きも、内容に争いが無ければ支払督促が、争いがあっても訴額が60万円以下であれば少額訴訟という簡略な手続きが利用できます。

おすすめ記事ピックアップ