業務委託契約を交わさないと思わぬトラブルに

業務委託契約の起こり得るトラブル

業務委託契約の起こり得るトラブル 業務委託契約の起こり得るトラブル

自由な契約の罠

民法上典型的な契約に限らず、法律や公序良俗に反しない限り、双方の合意さえあれば契約内容は自由に決めることができ、有効に成立します。しかしともすれば立場を利用して、一方的に不利な契約を相手方に強いるということも起こり得ます。まして法律の無知に付け込まれて、極端に不利な条件で契約を継続させられるということもあるのです。たとえば会社勤めであれば、社員として雇用されている以上、民法上典型的な雇用契約に該当し、かつ労働法規によって労働者保護のための大幅な修正が加えられています。
しかしフリーエンジニアとして業務委託契約を結んでいるような場合には、クライアントに比して立場が弱いこととも相俟って、自由に決められた契約内容にどこまで拘束されるものなのか、素人目には分かりにくいことが多いのです。フリーエンジニアはクライアントと対等な立場の契約当事者なのであり、無用なトラブルを回避して、自分の身は自分で守らなければなりません。従って自らの権利と義務を定める契約内容を、よく吟味して確認しておく必要があります。

偽装請負

フリーエンジニアにとって巻き込まれやすいトラブルの一つに、偽装請負があります。これは元々正社員として勤めている会社から独立を促されて、個人事業主として改めてその会社と業務委託契約を結ぶことになるというものが典型的です。独立したとはいえ仕事はこれまでの社員としての業務と変わらず、完全に会社の指揮命令系統に従っており、会社からの指示を受けて就業場所も就業時間も従来通りでありながら、社会保険はなく、経費などを自前で払わなければならないというのが実態です。会社にしてみれば人員を削減して経費を節減することができ、しかもこれまで通りに仕事をさせながら保険や福利厚生の面倒を見なくても良いという、極めて都合の良い内容になっています。

二重派遣

派遣社員が派遣先企業から更に別の企業に派遣されるという二重派遣の問題もあります。そもそも派遣契約とは、派遣元企業の社員である派遣社員が、派遣先企業の指揮命令を受けて派遣先企業内でその業務を遂行し、その対価としての給与は派遣先企業から派遣元企業に支払われた中から派遣社員に支払われるというものです。この二重派遣は派遣社員の立場の弱さを利用して不当な搾取がまかり通るおそれがあることから、法律上禁止されています。もっともフリーエンジニアが契約上で派遣社員と同等の地位に立つとは考えにくいのですが、例えばフリーエンジニアが業務委託契約を締結したクライアント企業の指示によって更に別な企業内への出向を命じられたり、あるいは別な企業の業務を指示されるような場合には、注意が必要です。

おすすめ記事ピックアップ