トラブル回避のための業務委託契約に関する相談先

業務委託契約トラブルの対処法

業務委託契約トラブルの対処法 業務委託契約トラブルの対処法

業務委託契約にまつわるトラブル

フリーエンジニアにとってクライアントとの契約は、双方が契約内容を詰めて練り上げて行くというよりは報酬や契約期間などの個別の条件を確認した上で、後はクライアントがあらかじめ用意した定型的な業務委託契約書にサインするというものである場合が多いでしょう。中には契約書も無しに、口頭でお互いに最低限の条件を確認し合うだけということも珍しくありません。このような契約であっても、お互いにとって何らトラブルもなく終了すれば問題はありませんが、仕事を始めていきなり契約内容とは異なる処遇や業務を目の当たりにして、話が違うとクライアントに伝えても、取り合ってもらえないという例もあります。欧米流の契約社会に馴染みのない日本において、契約は形だけのものという意識も根強く残っており、フリーエンジニアは立場の強いクライアントにいいように利用されてしまう恐れがあります。

相談は専門家へ

そもそも業務を実際に始めてしまう前に、契約内容が妥当なものなのかをよく吟味することは大切です。しかしその後に具体的なトラブルに発展した時にも、泣き寝入りせずに専門家に相談しましょう。後からトラブルになる例としては、費用負担の範囲や報酬金額、報酬の支払いが遅い、あるいは報酬の支払いがない、など金銭にまつわるものもあれば、業務委託といいながら実際には社員と同じく就業時間や就業場所や作業手順や道具に至るまで事細かく指示されるなど、偽装請負が疑われるケースもあります。これまで企業が社員を丸抱えにして行ってきた業務を、アウトソーシングすることによって効率を上げて費用を節減しようという傾向が最近強まっていることから、業務委託契約には契約当事者双方にとって誤解や無知からトラブルの起きやすい面があるのです。
また不満を直にぶつけようにも、クライアントに黙殺されたり余計に立場が悪くなるなどの心配もあって、中々トラブルが表面化しにくいこともあります。そこで様々な労働関係の相談窓口として、弁護士や司法書士や行政書士による法律相談会が市役所などで定期的に開催されています。また、社会保険労務士や労働基準監督署も労働相談を受け付けています。
【日本行政書士会連合会】は行政関連の相談サイト
この日本行政書士会連合会では、暮らしやビジネス上で行政書士が相談に乗れることも紹介しています。
【日本行政書士会連合会】は行政関連の相談サイト

具体的な相談先

労働基準監督署とは、労働基準法等に基づいて事業場に対し労働条件の確保や改善の指導を行い、労災保険の給付などを扱っている厚生労働省の出先機関です。業務委託契約であっても実態から判断して雇用契約に該当する場合であったり、偽装請負や二重派遣が疑われる場合には相談してみると良いでしょう。報酬の支払いや労働条件などのトラブルであれば、司法書士などの法律の専門家に相談してみましょう。
【日本司法書士会連合会】は司法関連の相談サイト
この日本司法書士会連合会では、司法書士が解決できることや法律相談も行っています。
【日本司法書士会連合会】は司法関連の相談サイト

おすすめ記事ピックアップ